恐竜の卵☆

10月の教室は「恐竜の卵」をつくりました。
素材体験で初めて石膏に触れました。


今回は完全に個人個人の制作で順番に行いました。
最後の子は、早くやりたい気持ちを抑えながら順番に待っていてくれました。
まずは、水に適量の石膏の粉を入れてぐるぐるかき混ぜて、ジムズで作った
特製の入れ物に流し入れます。
それを風船に入れて固まるまで手で優しく転がしていきます。
子どもたちの肺活量では風船を膨らますのは無理だし、
その中に石膏を流し入れるのもなかなか大変で、実験で試行錯誤・・・。
結局特製の入れ物を作り、自転車の空気入れから風船を膨らますという
造形教室というよりは実験に近い感じになりました。

混ぜながら、石膏の特色を手で感じてもらいました。
徐々に温まってドロッとなって固まっていくのを感じてもらえたと思います。
やさし~く転がさないと卵が出来ないよ~と言いながら、
言ってるそばから風船を落としたり飽きて転がすのをやめてしまう子もいながら
最後に風船を切る時がやってきました。

皆慎重に風船にハサミを入れていきます。割れちゃう子が多かったのですが、
みんなは「恐竜の赤ちゃんいるかな~」
「生まれちゃってどこかに行っちゃったのかな?」なんて話しながら
最後まで先生と頑張って慎重に風船から取り出しました。
穴があいてしまってがっかりして、もういちどやる~って泣いてしまった子も
いましたが、それだけ真剣に行ってくれたことに嬉しく思いましたし、
制作する楽しさ苦しさを実感できて良かったと思います。
全て上手く終わることってないですものね~それもまた勉強かな☆

いっぱい集まるととってもかわいいです☆
時間があれば模様をつけてオリジナルの卵を作りたかった
のですが時間が足りませんでした。個々に色つけて
楽しんでくださいね♪

スポンサーリンク